お問い合わせ

フリーダイヤル

ウインテック研磨・研削工法

当社の場合はコンクリートの下地処理の工事会社ですので、「横回転のダイヤブレードを装着し削り取る」ということなのですが、あえて区別するとすれば研削は粗削り、研磨は仕上げかなという感じです。

主な対応する対応下地としては、MMA、硬質ウレタン、エポキシ、フェロコン、ウレタン、アクリル、エポキシ、とまあ要するに何でもやりま〜す。ご相談ください。
最近増えているのは、新築工事で大型物流センターにおいて「打ち継ぎ部の不陸調整」のための研磨です。人数、機材も豊富にそろってます。施工範囲も関東一円、東北地方全域対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

同じ新築工事ですと雨打たれの補修のための研磨もやはり多いです。
天気を予報するのはこの現代においてもなかなか難しいようで、ゲリラ豪雨もあります。
改修工事だと「既存床材撤去後の糊取り研磨」の依頼があります。床材の撤去は解体屋さんが天井や壁と一緒に担当。撤去後貼り屋さん現場見に来て、これじゃ張れません。
そこで当社の出番です。下地調整材は施工後養生期間が必要ですが、削りは養生期間も要りません。すぐその場所に入れる、置ける、作業出来るのは大きいかと思います。

研磨・研削

横回転のダイヤブレードを装着し削り取る

主な対応下地

[主な表面処理(研磨)]
MMA、硬質ウレタン、エポキシ、フェロコン

[薄膜タイプの除去(研削)]
ウレタン、アクリル、エポキシ

Point

剥離工法でPタイル、長尺シート撤去後の接着剤を除去します。

削り取り
研磨・研削
研磨・研削
研磨・研削
研磨・研削